平和な日々を・・・。

パソコンやデジカメの事、子育ての事、家庭菜園の事、マニアックな食生活の事、等書きつづります。

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

凄く久しぶりの更新

2013.01.08 Tuesday 15:48
JUGEMテーマ:写真
 このブログを一生懸命更新していた時は、E-300を使っていた。
 こんなに素晴らしいデジタル一眼レフがリーズナブルに買えるようになったと言う事で、非常に興奮していたと共に、フォーサーズ規格への期待があった。

その後E-30 E-5と使い、今もE-5を愛用している。

町に引っ越したせいで、通勤時の風景写真の撮影をしなくなってしまったせいか、子供が大きくなり、あんまり写真を撮らせてくれなくなったせいか、スマホで簡単な写真ばかり撮っているせいか、すっかり更新頻度が落ちてしまった。

今さらながらに思うのは、E-5の手振れ補正の素晴らしさ。
12-60mmをつけていれば、本当に暗いシーンも広角側であれば、手持ちで撮影できる。

レンズをそろえてしまったので、マイクロフォーサーズに取り付けた時のオートフォーカスの遅さが残念。

E-5でも十分満足しているが、是非、OM-Dの様なスペックで、フォーサーズレンズが快適に使えるようにしていただきたいものだ。

オリンパスもいろいろあるだろうが、期待しているので、がんばって開発してほしい。
デジカメ | comments(3) | trackbacks(0)

Olympus master2 を試してみた。

2007.03.07 Wednesday 08:52
凄く久しぶりの更新です。
仕事で問題が起きたりして、とてもブログを更新出来る状態で無かったのですが、どうにか、平安な日常になってきた気分です。それでも非常に忙しくありがたい事です。

久しぶりの更新ですが、やはりカメラの話題から。オリンパスのユーザー登録の画面より、Olympus master2Photo Creator Simpleがダウロード出来るようになりました。

今までE-300の付属のオリンパスマスターも、時々使っていたのですが、他のソフトの方が使いやすく、ファームウェアーのアップデート用にインストールしていた感が有りました。

Olympus master2になって特記すべき点は2つだと思います。
1.オリンパススタジオに着いていた、あの自動トーン調整がついたこと。この機能が欲しくて、オリンパス以外のユーザーがオリンパススタジオを購入する場合も有ると聞いたことがあるので、お得度が高い機能追加でした。

2.RAWの現像処理が早くなったことです。
Olympus master2

 自動トーン調整と言うのは、ソニーの一眼レフについているDレンジオプティマイザーと同等の機能です。apicalのロゴが同じだった記憶があるので、全く同じ処理処理をしているのかもしれません。JPEGであればどんなカメラで撮影した画像でもソフト側で後処理出来る点がGoodです。

 また、オリンパスマスターでは、パラメーターをいじる度にプレビューするまで横棒グラフが出て、2秒ぐらい待たされた感が有るのですが、2になって横棒グラフが無くなり、少し快適に現像出来るようになりました。

 ただ、オリンパススタジオの様に、画像を選ぶ機能は付いていないので、フォトのつばさや、WinCCDと一緒に併用すると、プレビューが断然早く、幸せになれると思います。またTwinViewもフリーなのに、2画面で同期して画像を比較出来ます。(jpegのみですが)

AdobeのLightroomも注目していますが、上記3つのソフトがあれば問題ないので、購入はしないかと思います。

また、Photo Creator Simpleですが、Photo Creatorの簡易版なのだと思いますが、プリクラの様に写真にいろいろ書いたり、簡単な合成するのには楽しいソフトだと思います。

オリンパスのHPであんまり宣伝していないようですが、ユーザー登録している人は無料でダウンロード出来ますので使ってみてはいかがでしょうか。

オリンパスからE-410E-510が発表されましたね。

目が悪いので、ライブビューでマニュアルフォーカスが出来るところが便利そうですね。
オートフォーカスのポイントが3点なところで、ガッカリしているオリンパスファンの方がいるようですが、いっぱいあっても迷うだけなので、真ん中だけで良いので、狙ったところに一発でピントが合って欲しいですね。ただ、動き回る子供などを取るときは、いっぱい有って、カメラが動いている物を判断してくれた方が精度が上がるかもしれませんね。でもそういう時はコンパクトな被写界深度の深いデジカメで連射する方が、良い写真が撮れるかもしれないですね。

フォーサーズ規格のカメラは被写界深度が35mm版のカメラより深い上に、絞り開放でも非常にシャープに写せます。なので、開放で早いシャッタースピードを使えるので、元々ぶれにくい規格だったのですが、E-400では高感度のノイズも大夫改善されている様ですので、ますますブレにくいシステムになったのでは無いかと思います。その上オリンパスのレンズは、F2.8からと明るい割に他社と比べてリーズナブルなズームレンズがそろっていますし、どれも開放から高性能なので、機動力と言う点では、かなり最強だと思います。

逆に被写界深度の浅い描画を臨むのは難しいですが、そういう場合は中盤カメラにはかなわない部分はあっさりと別な物と割り切って、シャッターチャンスに強いと言う一点に置いて追求しているシステムなのでは無いかと思います。(ZUIKO Digitalのラインナップを見てもズームが充実しているのはそういう意味かもしれません。)

僕が今回の発表で注目しているのは、12-60mm F2.8〜F4のレンズです。
14-54mmと11-22mmを買いたいと思っていた身には非常に魅力的。描写性能と、近接能力が14-54mmより勝っていれば絶対買います。子供を抱っこしながら出かけなければいけない身としては、持ち運ぶレンズが少ない方が絶対有利なので。

また、パナソニックから出たLEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.も描写が良さそうなレンズですね。キャノンの25mm F1.4と比べるとかなり安いのは、驚きです。いつか買ってしまうかもしれません。

忙しいのですが、ちょっとガス抜きに更新をしてみました。


小麦畑
デジカメ | comments(5) | trackbacks(1)

シグマがFoveonセンサーを使ったFour Thirdsカメラを作る!!!!

2006.10.06 Friday 07:33
これはエキサイティングなニュースですね。
一部でお祭りになるかも・・・

情報元はここ!

光の受光面積が35mmフィルムと比べ小さいFour Thirds規格のセンサーはどうしても、高画素化に不利だったけど、Foveonであれば、一画素あたりに3色の色を取り出せるので、Four Thirdsに最適なのではと思っていました。しかもFour Thirdsのレンズはセンサーにまっすぐ光を入れるように設計されているので、3層になっているFoveonセンサーとの相性も良いのではないでしょうか?

国内で苦戦しているFour Thirdsではありますが、素晴らしい援軍を来たことで一気に流れが変わるかも知れません。

実は自分、以前、シグマのサイトのアンケートに、フォーサーズのカメラをFoveonセンサーを乗せて作って欲しいと書いた事があります。なぜなら、フォーサーズのボディーで作ってくれたなら、交換レンズならぬ交換ボディーでTPOに合わせた性能や撮影素子を利用できるオープン規格の真骨頂が発揮されると思ったからです。そして、それが正に実現されそうです。ハッキリ言ってSDマウントはFoveonセンサーが魅力的だったけど、レンズへの投資などを考えると非常に導入に踏み切るのに勇気が必要でした。

性能も今のシグマさんならかなり期待できそうです。
これは楽しみ!妻が許してくれるなら即買いかも!
続きを読む >>
デジカメ | comments(4) | trackbacks(0)

1000万画素機のサンプルについて

2006.08.30 Wednesday 12:19
デジカメWatchに次々と掲載されるプロが写したサンプルの画像を見てみると最近発表された1000万画素越えのサンプルが今一鮮明さに欠ける気がしてならない。メーカーが公開しているサンプルは大変素晴らしいのだが・・・。

画素数が向上するとそれだけ、レンズ性能がシビアに問われると言うことでは無いだろうか?コンパクトなデジカメの1000万画素では、明るいシーンは結構綺麗に写っている所を見ると、どういう事なのか分からない部分もあるが・・・。

まあ、等倍で見てしまうと粗が目立つがL版程度にプリントする分には分からなくなるのかも知れない。
500万画素で、凄くシャープに写っている写真と、1000万画素で甘く写っている写真を大きくプリントして比較すると、どちらが綺麗に見えるのか誰か試して欲しいのだが・・・。新機種とE-1当たりで比較できる人、情報求む!
デジカメ | comments(7) | trackbacks(1)

久々に更新

2006.08.25 Friday 14:54
秋のphotokinaへ向けてカメラの新製品ラッシュがはじまりました。
各メーカー新製品のボディーに注目が集まっていますが、もう、フォーサーズにレンズの投資をしてしまったので、案外ソワソワすることも無く、物欲を抑えることに成功しています。

手振れ補正や、ゴミ対策、1000万画素超え、大きいファインダー、AFポイント、連写性能など、他社の動向も気になりますが、現在余り普及していない様ですが、フォーサーズがいずれ優位に立っていくのでは無いかと妄想しています。(信じているよ、オリンパス)

ボディーの性能も高いとうれしいですが、レンズの性能が実は非常に重要では無いかと思うのです。そして、フォーサーズのデジタル専用設計のレンズ群はハイグレードクラス以上は全てがキラーレンズと言っても過言でない、性能を持っていると思います。

ペンタックスのパンケーキレンズは面白いナーとは思いますが、まあ、無くても困らないので・・・。

むしろ、レンズへの物欲が高まっていって困る今日この頃です。

因みにフォーサーズは被写界深度が深いので、他社のシステムで、絞るシーンでも、絞りを開放で早いシャッタースピードを使えるので、手振れ補正2段分位はアドバンテージがあるのではと思います。と言うか他社のレンズの場合、少し絞らないと、画質が甘い気がします。
デジカメ | comments(0) | trackbacks(1)

Olympus Studio 1.5

2006.06.29 Thursday 13:44
 前回の記事でOlympus Studioの動作が重くて使い物にならないと書いたが、この記事は訂正しなければならない。
 今まで、オリンパスのサイトにアップされていた体験版はバージョンが1.2であり、それを体験して、コレは駄目と決めつけていた。
 しかし、6月に体験版が1.5にさりげなくアップデートされていた。バージョン1.2を体験した後でも、1.5の体験版は31日間使える事を確認した。
 動作は実用に耐えられるだけのスピードになったと思う。プレビューも早くなったり、ライトボックス機能は連写した画像から、最も良い物を選ぶ時などに重宝する。
 現像時の設定を手動で変更する時のプレビューの反映速度はPhotoshopCS2と比べてみると、やはり遅いが、それぞれのソフトが違う前提に基づいて開発されているものだと言うことに気がついた。
 PhotshopやSILKYPIXはCCDなどのセンサーに当たった光をどのように自由に取り出す手段を提供するかということに主眼を置いている様に思う。なので、設定も豊富だし、凄く派手にしたり、地味にしたり出来自由度が高い。一枚づつ現像しても、一括で現像しても、結構それなりな絵を出力してくれる。PhotoshopCS2はかなり、アンダーにとっていても、自動で露出補正してくれなかなか良い線に補正してくれるので楽ちんだ。好みの絵も作りやすい。

 一方Olympus Studioは本来カメラで出力していた画像を、パソコンの高性能なCPUで代わりに処理させ、カメラよりも高品質に出力することを主眼に置いているソフトと感じる。なのでアンダーに撮った写真は、デフォルトで処理すればアンダーに処理される。もちろん手動で補正できるが、本来は無補正で、一括処理をしてしまえるクオリティーで写しておくべきなので、動作が遅いなどと文句を書いてしまったが、オリンパスさんには申し訳なかったなと思う。

 Olympus Studioで現像すると、こってりとした青で定評のあるオリンパスブルーがきちんと再現される。正にオリンパスの色のまま現像できるのだ。PhotoshopCS2で、オリンパスの空の色に近づける設定を探してみたが、RAWの現像の設定だけではうまくいかなかった。

 もちろん動作は速い方が良いに決まっているが、きっと、他のソフトよりもオリンパスの色を出すために複雑な処理をしているのではないだろうかと思う。

 写真に対するオリンパスの哲学を感じてしまった。

 なお、カメラの設定には無いが、ノイズキャンセルの量を手動で設定もできる。OFFにすると少しざらつくが、解像感が出る。
 
 また、デジタル花マクロ オリンパス E-1、ソニー α 100日記さんの受け売りだが、ソニーのα100のダイナミックレンジオプティマイザーと同等の機能が、OLYMPUS Studioに搭載されているのも見逃せない。

 Olympus Studioの使い方としては、JPEGの感覚でRAWで取り、気に入った物を選んで、無補正または微調整のみで現像するには最適だと思う。

 一方PhotoshopCS2はちょっとレタッチ感覚で絵作りしたい時、もしくは全自動でスナップなどをまとめて現像したい時等に有効だと思う。

 上手く使い分けるのが良いだろうと言うのが自分のだした結論だ。
デジカメ | comments(2) | trackbacks(0)

RAWの現像で悩む

2006.05.22 Monday 07:37


普段、4GBのマクロドライブを使いJPEGで撮っているので、800枚以上撮影出来るのですが、E-300のRAWは凄く良いと言う評判をどこかで読んだので、昨日はRAWで撮影してみました。(4GBが半日で一杯になってしまいました・・・。)
 Olympus masterはOlympus Studioは何か動作が重くて、使う気にならなかったので、Photshopで現像してみたのですが、何とも、色々設定ができて、しかもレタッチとは別次元の色情報を取り出せて、凄いと思いました。

 確かに、どんなテイストの写真にも仕上げられそうです。ZuikoDigitalは周辺光量落ちが殆ど分からないのですが、敢えて現像ソフトの周辺光量落ちを改善する機能を逆に使うと、周囲が暗くなり、それはそれで味のある写真になります。

 これだけ、色んな色が取り出せて、かつ不自然にならないと言うのは、凄い事だけど、どのテイストに仕上げようか、または、どんな目的で写真を使うかでかなり、仕上げ方が変わり迷ってしまいますね。

 写真は昨日牧場に行く途中で見つけた廃校になった学校のブランコで遊ばせて取りました。もっと良い写真も合ったのですが、一応正体を秘密にして気軽に書いているblogですので、顔は半分と言うことで・・・。
デジカメ | comments(0) | trackbacks(0)

子供達を連れて牧場に行きました。

2006.05.22 Monday 06:59
 昨日子供達を連れて牧場に遊びに行きました。
 最近僕が仕事ばかりしていて、余り帰りは遅く、家を出るのは速く、休みも休まずだったので、妻が育児疲れ気味になってしましました。なので妻を休ませる為に子供2人と僕の3人のみでお出かけです。結構レアな組み合わせで、子供が嫌がるかと思ったのですが、意外にスンナリ付いてきました。
 下の子はまだ7月で2才ですが、おむつがとれていないので、おむつ替えをしなければなりません。(我が家は布にこだわっています。)
 おむつ替えをするときになぜか、僕だと手際が悪いせいか、最近暴れるので、ちょっと苦手意識を持っていたのですが、妻的には、最近何も手伝わない夫に写っているみたいなので、名誉挽回の為にも、このお出かけを成功させなければ・・・。

 で、牧場の行く間に色々写真を撮ってしまおうと言う、狙いもありました。朝の光の少ない状態でしか、最近写真を撮っていなかったので、昼間だと、シャッタースピードが稼げて、楽ちんでした。

 牧場のレストランから展望台に続く道、一人で歩けばそんなに長い距離では無いのですが、子供達を連れて、子供達がどこまで歩けるかと見てみようと言う好奇心から、一緒に上ってみました。

 下の子は木の階段を一歩一歩よじ登る感じなので、結構大変そうでしたが、なかなか頑張って上っていました。

 僕はさすがにカメラバックを持って行く気にはなれなかったので、E-300に50mm-200mmのレンズをつけ、ポケットに軽量な14-45mmを入れていきました。
ハクバ Lowepro ベルトパックオフトレイル2 ブラックこういう時の為にオフトレイル2が欲しかったけど、まだ、買っていなかったので・・・。


 今思えば、もっと他に持って行く重要なものがあったのですが、すっかり忘れていました。

 頂上付近後15m位で、下の子が動かなくなり、ダッコをせがみはじめました。最期まで自分の足で歩く喜びを知って貰いたかったのですが、全然歩かず、励ましても泣くばかりなので、根負けして、ダッコしました。そうすると上の子も自分で歩ける癖にダッコをせがみ・・・。でも、きっちり自分で歩かせました。

 本当はわがままを認めるのは良くないと分かっていたのですが、2才前の子に強制的に歩かせると、世間の目が冷たいので・・・。

 で、頂上について、レンズしか持ってこなかった事を激しく後悔。別に三脚を持ってこえばとか言うのではなく、お弁当と水を持って来ていなかったのです。先に付いていた親子ずれは旨そうに、おにぎりやお茶を飲んでいるではありませんか・・・。
 パンとお茶は妻がちゃんと用意しておむつの鞄の中に入れて持たせてくれていたのに・・・。

 コレは子供がかわいそうだった・・・。展望台で子供達の頂上に登った嬉しさの会心の笑顔を撮ろうと思っていたのに、悲しい半べその顔しか撮れませんでした・・・。
 
 上の子は「何か食べたい」と言うし、下の子は「チャ、チャ」とお茶を求めて、終いには「ママー」と寝っ転がって、足をバタバタさせるしまつ。

 見ていた家族づれの人が、お茶でも恵んでくれるか密かに期待していたのですが、かなわず、「売っていただけませんか?」と言おうかと思ったのですが、何となく言えず・・・・。

 自分に取っては、15分ぐらいの距離でも、子供達に取っては、果てしない戻り道。

 下の子は、完全に自分で歩くことを放棄。歩かせようとすると、足をバタバタさせて泣き叫ぶのみ・・・。

 仕方ないので、3人で作戦会議。下の子をダッコしてた、上の子もダッコして欲しくなる。でもお父さんは一人しかダッコできない。それをふまえて
1.お父さんが一人でお弁当を取りに行って、戻ってくるのを子供2人で待っている。
2.一人ずつお父さんがダッコして往復するので、一人づつ待っている。
3.上の子は歩いて、下の子はダッコして、車まで戻る。

上の子は、見事3番を選択しました。下の子を一人で待たせるのはかわいそうとのこと。
よく言った!

と言うわけで下りを下の子をダッコしてくだったのですが、11キロの子をダッコして下るのって、結構たいへんでした。その時は、気張っていたので分からなかったのですが、車に付いたら足が震えて直ぐに腕と足が筋肉痛になってしまっていました。
直ぐに筋肉痛になるのは若い証拠!?と言い聞かせつつ、おねいちゃんには、文句を言わずに歩いたご褒美にソフトクリームを買ってあげました。下の子にも半分歩いたから、少しあげなさいと言ったら、仲良く食べていました。
 我が家は普段砂糖の入っている物を食べさせない方針なので、目を丸くして食べていました。不機嫌だった下の子も必死で舐めていましたね。
 きちんと歯を磨くことと、お母さんには内緒と言って置いたのですが、(母親には僕からは言っておきましたが)夜になって、あれを食べたと言って、ソフトクリームが何という名前の食べ物か必死に上の子が探りを入れていたのが、面白かったです。

 こんな感じの休日でしたが、子供とDeepにふれあえて、楽しい休日でした。



デジカメ | comments(0) | trackbacks(0)

毛まで見える

2006.05.20 Saturday 08:34

今朝は少し雨が降っていました。

子供を撮るために明るいレンズが欲しく、評判の良い50mmマクロを買ったのですが、最近子供の動きに合わせて撮れる機動力のある14-54mmのレンズが欲しくなってきました。狭い家の中では、子供のアップばかりの写真になってしまうので・・・。でも、部屋の散らかり具合が切れて良い感じでもあり・・。

で、今まであんまり草花を撮っていた訳では無かったのですが、春になって撮り始めてみると、面白いですねコレ。

モニタで等倍で見ると、葉っぱの毛とか花粉の粒とか肉眼で見えていないものが見えてきます。プチ顕微鏡ですね。

写真は庭に生えていた、葉っぱです。
画面を縮小すると、毛が潰れてしまうので、トリミングしてアップしました。
デジカメ | comments(0) | trackbacks(0)

もうネタ切れか・・・。スギナ

2006.05.18 Thursday 07:16


今朝の写真です。
向かいの家の庭、凄いツクシが生えていました。もう、ツクシの芝生って感じ。ツクシって食べられるの知っていますか?天ぷらはなかなかいけますよ!

因みに、ツクシことスギナですが、我が家では、緑の雌株?(間違ってたらごめんなさい)を乾燥させて、プライパンで炒ってもみほぐして、ごま塩と混ぜて玄米ご飯にかけて食べています。

スギナは凄く良質なカルシウムが豊富なのです。カルシウムと言うと牛乳や煮干しを思い浮かべますが、植物から取れるとは意外だと思います。

因みに、乾燥させたスギナをお茶にして、スギナ茶でも十分カルシウムが取れるとのこと。健康志向の方は是非お試しあれ!

それにして、アップ再開して、2日目にして、写真ネタ切れです。通勤時間なので、何時も光の状態は似ているし、基本時に庭と通勤中の風景なので・・・。

先週眼鏡が壊れて、新しいのに変えたのですが、よく見えて被写体の発見がしやすくなりました。今までだったら、見過ごしていた、朝露も容易に発見出来るようになりました。この植物何の葉っぱか分かりませんが、昨日も付いていたし、朝露の付きやすい植物みたいですねー。近くに咲いている写り込んで綺麗です。

デジカメ | comments(0) | trackbacks(0)