平和な日々を・・・。

パソコンやデジカメの事、子育ての事、家庭菜園の事、マニアックな食生活の事、等書きつづります。

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

心と体

2005.12.27 Tuesday 09:17
運命を拓く―天風瞑想録
運命を拓く―天風瞑想録
中村天風

変な人が書いた成功法則
変な人が書いた成功法則
斎藤 一人


 昨日仕事で大チョンボをしてしまった・・・。元々ストレスに弱いと言うか、精神力が弱い性格なのか、直ぐに熱っぽくなり、お腹が痛く、関節も痛くなった。

 2年前の自分だったら倒れていたかもしれない。でも、中村天風と斎藤一人の本を読んでいたので、今回は逆境に何とか耐え抜くことができた。
 
 今回は自分が単純にミスをして、顧客に迷惑をかけてしまった。その為に、結構リカバリーするための仕事が増えてしまったのだが、これは、想像もつかないくらいツイている事なんだ。自分は今、一つ人生の階段を上る為の修行をしているのだ。とプラス思考の言葉を、独り言として、何度も言ったら、大夫楽になった。
 
 実際、顧客には迷惑をかけてしまったが、リカバリーの仕事も当初の予想よりは遙かに速く終わり、あのまま落ち込んで、体調を崩していたら本当に馬鹿らしいかったと思う。
 まだ、仕事は残っているが、もうそんなにストレスを感じない。

 それにしても、病は気からと言うが、気持ち一つで、嫌なことや大変な事も楽しくなるし、それに対応して、体も元気になる。
 
 中村天風と斎藤一人の本は、今生きている事を幸せにしてくれる本だと思う。人生において知らないのと知っているのでは大違いな事が良くあるが、この本は正にそれだと思う。積極的思考と言えばナポレオンヒルを思い浮かべる人も多いと思う。ほとんど同じ事を言っているのだが、斎藤一人の本は凄く読みやすい。中村天風はちょっと読みにくいが、実践的だ。是非読んでみなさんも積極的な思考を身につけて、幸せを感じて欲しいと思う。
 子供にもいずれ読ませようと思うし、いろんな人に読んで貰いたい本です。
読書 | comments(2) | trackbacks(2)

熱いぞ、カメラオタ!でも、冷静にね!

2005.12.02 Friday 07:21
 カメラ関係の掲示板などを読んでいると、結構ヒートアップして、カメラの善し悪しについて議論している人がいる。写真を撮るのが好きな自分としては、どういうカメラが評判が良いのか使い勝手が良いのか、情報収集するのに、ユーザーの声と言うのは大いに参考になるので、こういう意見が書き込まれる場を簡単に覗けるようになり、カメラマニアの敷居が下がり、入りやすくなったと思う。
 自分はIPアドレスを曝すと会社で書いていることがばれるので、余り書き込みをしないが、読んでいると、これは酷いなと言う書き込みも結構ある。
 
 人に対して揚げ足をとる人、いわゆる煽りというやつだが、ネットでは人間の本性として、顔が見えないだけに、こういう行為が発生しやすい。普段の生活であんなに人を煽っていては、友達が間違いなくいなくなるだろう。
 普段の生活では出来ないことをネットでは平気でやってしまう。まあ、自分もこんなBLOGを書いているので、人の事は言えないのだが・・・
 でも、煽っても良い事ってあるのか、冷静に考えて欲しい。確かに議論に勝った後は気持ちよいであろう。証拠を出し、理論立てて相手を言い負かすという行為は、自信の優越感を満たすのに十分な快感を与えてくれるだろう。でも、それでは、相手は納得しないし、自分の言っている事が正しくても同意してくれる人が減っていくことを理解しなければならない。
 人間は理論が正しくても、感情が拒否すればそれはもう、白が本当に白で有っても、黒と言い続けるものだ。

 では、どうすれば良いのか?人をは議論をしてはいけないのであるとこの本には書いてある。

人を動かす 新装版
人を動かす 新装版

 でも、議論はしないが、結果的に相手に自分の言い分を納得させる、気持ちよく相手が自分の言い分を聞いてくれるように持って行く為の、自分自身のとるべき態度について、非常に詳しく、具体的な事例を挙げて書いているのが、この本である。

 自分も結構議論好きで、熱くなりやすいタイプで、相手が社長だろうが、得意先のお客さんだろうが、結構、好き勝手に言いたいことを言っていて、それが自分の美徳だと勘違いしていた。
 でも、今思えば、いろんな所で損をしていたのだなーと思う。

 メル友と言って、顔を合わせたことがない人同士が、意気投合してOFF会をしたり、好きなアーティストのライブ会場で待ち合わせをして、一緒にさんかしたり、いきなり結婚をしたりする場合もあるが、これは、逆に、普段の生活では出せない素直な自分をネットだから出せたり、気持ちいい人付き合いが出来る成功例だとおもう。
 顔が見えない分だけ、素直になれるメリット、デメリット、そして、演技出来る快感、色々有ると思うが、気持ちいい人間関係があると、幸せな人生が更に幸せになるだろう。
 
 この「人を動かす」を読むとどんな場面でも自分の態度次第で相手より一枚上手の対応ができるので、煽られても、人間が大きくなり、それに真面目に言い返さなくても良い方法が分かると思う。
 カメラオタとか失礼な題名にしてしまったが、折角気持ちいい掲示板が有ったのに、最近、煽る人が出てきてギスギスしてきたので、残念に思いこんな所に書いてみた。
読書 | comments(2) | trackbacks(1)

なりたい自分になる

2005.11.22 Tuesday 16:52
 自己実現とか、自分の夢とか、そういうのを大人になってから考える時間が減った気がする。
 中学や高校生の頃は哲学者になった方が良いのではと思うほど、人生や、生きる意味ということについて考えた物だ。
 日々の暮らしに追われ、本当の夢、やりたかったことを忘れてはいないか。この人生をどのように生き抜くか、改めて冷静に考えてみるのに良いきっかけとなる本です。

オイラの法則!―とびきりの成功法則―「成功の書」完全収録CD付
オイラの法則!―とびきりの成功法則―「成功の書」完全収録CD付
リチャード・H. モリタ
続きを読む >>
読書 | comments(0) | trackbacks(1)