平和な日々を・・・。

パソコンやデジカメの事、子育ての事、家庭菜園の事、マニアックな食生活の事、等書きつづります。

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

子供達を連れて牧場に行きました。

2006.05.22 Monday 06:59
 昨日子供達を連れて牧場に遊びに行きました。
 最近僕が仕事ばかりしていて、余り帰りは遅く、家を出るのは速く、休みも休まずだったので、妻が育児疲れ気味になってしましました。なので妻を休ませる為に子供2人と僕の3人のみでお出かけです。結構レアな組み合わせで、子供が嫌がるかと思ったのですが、意外にスンナリ付いてきました。
 下の子はまだ7月で2才ですが、おむつがとれていないので、おむつ替えをしなければなりません。(我が家は布にこだわっています。)
 おむつ替えをするときになぜか、僕だと手際が悪いせいか、最近暴れるので、ちょっと苦手意識を持っていたのですが、妻的には、最近何も手伝わない夫に写っているみたいなので、名誉挽回の為にも、このお出かけを成功させなければ・・・。

 で、牧場の行く間に色々写真を撮ってしまおうと言う、狙いもありました。朝の光の少ない状態でしか、最近写真を撮っていなかったので、昼間だと、シャッタースピードが稼げて、楽ちんでした。

 牧場のレストランから展望台に続く道、一人で歩けばそんなに長い距離では無いのですが、子供達を連れて、子供達がどこまで歩けるかと見てみようと言う好奇心から、一緒に上ってみました。

 下の子は木の階段を一歩一歩よじ登る感じなので、結構大変そうでしたが、なかなか頑張って上っていました。

 僕はさすがにカメラバックを持って行く気にはなれなかったので、E-300に50mm-200mmのレンズをつけ、ポケットに軽量な14-45mmを入れていきました。
ハクバ Lowepro ベルトパックオフトレイル2 ブラックこういう時の為にオフトレイル2が欲しかったけど、まだ、買っていなかったので・・・。


 今思えば、もっと他に持って行く重要なものがあったのですが、すっかり忘れていました。

 頂上付近後15m位で、下の子が動かなくなり、ダッコをせがみはじめました。最期まで自分の足で歩く喜びを知って貰いたかったのですが、全然歩かず、励ましても泣くばかりなので、根負けして、ダッコしました。そうすると上の子も自分で歩ける癖にダッコをせがみ・・・。でも、きっちり自分で歩かせました。

 本当はわがままを認めるのは良くないと分かっていたのですが、2才前の子に強制的に歩かせると、世間の目が冷たいので・・・。

 で、頂上について、レンズしか持ってこなかった事を激しく後悔。別に三脚を持ってこえばとか言うのではなく、お弁当と水を持って来ていなかったのです。先に付いていた親子ずれは旨そうに、おにぎりやお茶を飲んでいるではありませんか・・・。
 パンとお茶は妻がちゃんと用意しておむつの鞄の中に入れて持たせてくれていたのに・・・。

 コレは子供がかわいそうだった・・・。展望台で子供達の頂上に登った嬉しさの会心の笑顔を撮ろうと思っていたのに、悲しい半べその顔しか撮れませんでした・・・。
 
 上の子は「何か食べたい」と言うし、下の子は「チャ、チャ」とお茶を求めて、終いには「ママー」と寝っ転がって、足をバタバタさせるしまつ。

 見ていた家族づれの人が、お茶でも恵んでくれるか密かに期待していたのですが、かなわず、「売っていただけませんか?」と言おうかと思ったのですが、何となく言えず・・・・。

 自分に取っては、15分ぐらいの距離でも、子供達に取っては、果てしない戻り道。

 下の子は、完全に自分で歩くことを放棄。歩かせようとすると、足をバタバタさせて泣き叫ぶのみ・・・。

 仕方ないので、3人で作戦会議。下の子をダッコしてた、上の子もダッコして欲しくなる。でもお父さんは一人しかダッコできない。それをふまえて
1.お父さんが一人でお弁当を取りに行って、戻ってくるのを子供2人で待っている。
2.一人ずつお父さんがダッコして往復するので、一人づつ待っている。
3.上の子は歩いて、下の子はダッコして、車まで戻る。

上の子は、見事3番を選択しました。下の子を一人で待たせるのはかわいそうとのこと。
よく言った!

と言うわけで下りを下の子をダッコしてくだったのですが、11キロの子をダッコして下るのって、結構たいへんでした。その時は、気張っていたので分からなかったのですが、車に付いたら足が震えて直ぐに腕と足が筋肉痛になってしまっていました。
直ぐに筋肉痛になるのは若い証拠!?と言い聞かせつつ、おねいちゃんには、文句を言わずに歩いたご褒美にソフトクリームを買ってあげました。下の子にも半分歩いたから、少しあげなさいと言ったら、仲良く食べていました。
 我が家は普段砂糖の入っている物を食べさせない方針なので、目を丸くして食べていました。不機嫌だった下の子も必死で舐めていましたね。
 きちんと歯を磨くことと、お母さんには内緒と言って置いたのですが、(母親には僕からは言っておきましたが)夜になって、あれを食べたと言って、ソフトクリームが何という名前の食べ物か必死に上の子が探りを入れていたのが、面白かったです。

 こんな感じの休日でしたが、子供とDeepにふれあえて、楽しい休日でした。



デジカメ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday 06:59
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://earth.jugem.cc/trackback/83

トラックバック