平和な日々を・・・。

パソコンやデジカメの事、子育ての事、家庭菜園の事、マニアックな食生活の事、等書きつづります。

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

北朝鮮のミサイル発射

2006.07.05 Wednesday 11:23
 今朝、北朝鮮がミサイルを発射したようだ。
 発射したミサイル本数など情報が錯綜しているようだ。

 北朝鮮はなぜミサイルを発射したのか?何か北朝鮮にとって今回の発射でメリットがあったのか?なぜか理解できない?

 一方日本はどうだろう?
 事前に発射の兆候をつかんでいたが、結局発射させてしまった。
 日本政府の危うい財政状況を見ると、政府は戦争をしたい情勢では無いかと感じるし、最近の法整備の動きや憲法改正の動きを総合的に判断すると、戦争に発展するのでは無いかと危機感を感じる。
 自分の思い過ごしであれば良いのだが・・・。

 戦争という非常事態が起る事によって、国民は戦争を好む、好まないに関わらず、国の為に、人生の一部又は全てを提供しなければ、非国民と言われるだろう。

 自分の家族、兄弟、親友を守るために戦う事になるのだ。命を奪われるのが嫌であれば奪うしかない。殺し合いの世界だ。敵を沢山殺せば英雄になれる。

 家族や友を守る事を悪いとは言わない。ただ、戦争と言う行為自体が、人間としてどうかと思う。絶対戦争を起こさない状況を作るのが政治であり、国民を守る国の義務であると思うのだ。

 人生の中で、自分の選択権も無く、人と人が殺し合わなければならなくなる戦争は絶対悪なのだ。他人事ではない。自分を守るためにどうするのか?真剣に考えなければならないだろう。

 笑顔で暖かく暮らしている人生を戦争に巻き込まれたくない。誰もがそう思っているのではないだろうか?

 もし、一発でも、日本国土にミサイルが着弾して、死傷者がでたら、どうなるのか?そして、自分の家族が亡くなったり、自分目が見えなくなったり、腕がとれたり、一生治らない傷がついたらどうだろう。

 相手の国を恨んで、滅ぼすまで国が戦うことを望むだろうか?
 
 人間は幸せに生きる義務があると思う。権利では無く義務だ。この義務を全うしなければ、周りの人も不幸にすると思う。

 僕の父が亡くなった時はさすがに「幸せだなー」とは言えなかった・・・。でも、時間が経った今は、色んな事に感謝し「幸せだナー」と笑顔で言える。
 戦争で家族を亡くして、「幸せだナー」と言ったら、非常に薄情な感じがするが、亡くなった側からしてみれば、自分が死んでも家族は笑顔を絶やさないで生きていって欲しいのでは無いだろうか?

 人生を恨みで生きて、良いことがあるだろうか?恨みを晴らして、恨みを買う人生に意味があるだろうか?

 もう一度書くが人間は幸せになる義務がある。人に恨まれる人生と人を幸せにする人生、どちらが良いだろうか?

 人生を狂わせてしまう可能性のある戦争は絶対起こしてはならない。戦争に反対することが、非国民と言われようが、敵国に利すると言われようが、戦争に賛成することは、人間の幸せになる権利を放棄する事と同じでは無いだろうか?

 この文章を読んで、平和ボケの日本人の典型だとオッシャル方の評価は甘んじて受けよう!そういう評価を下さる方はどうぞ、国の為、家族の為に率先して戦って頂きたい。平和ボケと言うが、平和を願って何が悪いと言いたい。平和を願い、皆の幸せを願う事に反論は無いはずだ。

 危機管理はもちろん大切だ。決して否定はしない。だが、最も大切なのは、戦争を起こさない状況を作ることなのだ。その努力をせずして、危機管理などあり得ない。いわば、事故が起きた時の為に救急車を沢山用意する以前に、事故が起きない様にする事が最も大切な事であるのだ。
 そして、次に事故が起きたときの為の、対策を準備しておくことだ。


 もし、戦争がはじまったとしても、時代に翻弄されたとしても、決して自分は幸せを放棄する事はしない。自分の腕がもがれても、幸せであることを、人間であることをやめるつもりはないのだ。

 とにかく、戦争だけは避けて欲しい。そして、戦争を起こさないで欲しいと言う願いを言うだけで、非国民の様な扱いを受ける社会に変貌しないで欲しい。それだけは切に願う。

 
 最期に非常に反政府的で、辛口なブログだが、マスコミに踊らされず独自の切り口で冷静に社会の流れを分析していると思うブログを紹介しておく。
mojabieda Blog
文中に出ている政府関係者が読んだら卒倒しそうだ・・・。
その他 | comments(2) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday 11:23
- | - | -

コメント

トラックバックありがとうございました。ますますきな臭くなる世の中ですね。またお寄りください。
| mojabieda | 2006/07/08 6:25 AM |
彼のアーティスティックな視点や洞察力
| モンクレール レディース | 2014/10/08 12:33 PM |

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://earth.jugem.cc/trackback/86

トラックバック

地殻の大変動

 それにしても昨今の世情はどうでしょう。きのう(7月6日)起きてすぐにテレビを観たら、まずテポドン2号の発射のニュースでもちきり。さらに王貞治監督の手術と入院。ワールド・カップ準決勝でのフランスの(あやしい)PKでの勝利。ちょっと前には、29歳の中田
| mojabieda Blog | 2006/07/09 5:39 AM |